救急告示病院 日本医療機能評価認定 医療法人栄和会泉川病院

熊本県での災害医療派遣活動

2020年 熊本県豪雨災害での活動報告

この度の豪雨災害によって被害を受けられました皆様に心よりお見舞い申し上げますとともに、被災された皆様の一日も早い復旧と復興をお祈りいたします。

2020年7月3日夜から熊本県南部や鹿児島県では、発達した雨雲が連なる線状降水帯により猛烈な雨が降り出しました。4日未明、当院災害医療派遣チームの隊員は各地の天気や降水量の予報、
河川の水位の変化、防災警報など情報収集を行いながらここ数年の豪雨災害を思い出していました。
4時45分、熊本県芦北町で被害が出始めていることを知り出動を決定。6時に隊員は病院へ集合し準備を整え、6時45分病院を出発しました。
 高速道路を走行していた当院の災害チームは、同じく芦北町へ向かっていた熊本市消防隊とサービスエリアで遭遇。情報交換を行い、消防隊の後ろについて走行し芦北町に向かいました(写真1、写真2)。
写真1

写真2

高速道路の途中、球磨川の上を走行しましたが、川は氾濫しており、以前訪れた時に見た球磨川とは全く違う変わり様に恐怖を感じました(写真3)。
写真3

高速を降りた道路は、雨は一旦上がっていましたが、あちこちで水没していたため迂回を何度も行い、川の様に水が流れている道路では注意しながら走行しました(写真4、写真5、写真6)。
その中到着した現地で目に入ってきたのは、民家を巻き込んだ土砂崩れでした(写真7)。

写真4

写真5

写真6
写真7

当院の災害チームは直ちに状況の確認を行い、チームを3班に分けてそれぞれ活動を開始。1班は、土砂崩れ現場での救助に対し医療支援を行えるように待機し、1班は、土砂崩れで車輌では進めない地域へ歩いて医療・物資支援活動を行い(写真8)、もう1班は、原付と車輌を使い、被災した住宅や介護施設など広範囲に医療・物資支援活動を行いました(写真9)。体調をくずされた方の診察や処置、ペットボトルの水2ℓ約100本の配布など行いました。

写真8
写真9

芦北町での活動が落ち着いた頃、DMATから人吉市が被災し医療支援が必要と連絡が入ったため、芦北町役場に避難所で体調をくずされている方がいないことを確認し、当院の災害チームは人吉市へ移動を開始しました。しかし、芦北町から人吉市へつながる川沿いの道路が土砂により遮断され、
別ルートを探索しながら道路の復旧作業をおこなっていましたが(写真10)、川沿いの道路や高速道路は至る所で寸断されており(写真11)復旧の目途が立たたないということで、レスキュー隊や消防隊、地元の警察の方など多くの方から情報を頂き、鹿児島経由で人吉を目指すことを決断しました。人吉へ向かう途中、水俣市役所と鹿児島県伊佐市役所に立ち寄り道路状況の確認を行い、最終的には宮崎県えびの市を経由して向かうことになりました。
写真10

写真11

 20時を過ぎた頃、ようやく人吉市役所へ到着。すぐに災害本部へ行き、状況確認など情報収集を行いました。人吉市には避難所が10ヶ所開設されていましたが、道路が遮断されていることで医療支援は未だ介入できておらず、被災者の情報も曖昧になっていたため、当チームで巡回を行うことにしました。当チームを4チームに分け、各チーム避難所を探しながら支援を開始しました。避難所の状況や情報をみんなで共有しながら、巡回は深夜まで及びましたが、幸いにして避難所に体調をくずしている方やけがをされている方はいらっしゃらず、胸をなでおろしました(写真12)。

写真12

 翌朝、当チームは再度避難所を巡回。院長と隊員1名で人吉市保健所へ行き、避難所の状況や情報の報告を行いました。保健所からの移動中、昨夜人吉市へ到着した時は暗く周りの状況が分かっていませんでしたが、明るくなってからの人吉市の状況に言葉を失くしました。あの大きな球磨川が氾濫した痕跡が至る所に見え、想像を絶する高さまで浸水したことを知り恐怖を覚えました(写真13)。橋を渡った時、ある病院で職員が復旧作業を行っているところが目に入りました。入院患者を抱えている病院であったため、院長は直ちに「手伝おう」と言われ全隊員を招集し、雨が時折ひどく降る中、病院の復旧作業を開始しました(写真14)。
写真13
写真14

 この病院は2階の人の顔の高さまで浸水していたため、1階フロアから病院正面の道路まで、大量の土砂やゴミで埋もれていました。まずはみんなでそれらを取り除く作業を行いました。その中で
この病院の職員から、500mほど離れたところにある系列の病院へ医療度の高い入院患者の搬送を手伝ってほしいと依頼されました。通常搬送には救急車を使って行いますが、救急車が別の救急搬送で使用されており搬送方法がなく、困られている中での依頼に院長は快く引き受けられました。
3階病棟から患者を搬送するため、まずは1階の土砂とゴミを早急に取り除き、患者の搬送にはエレベーターが使用できないため、当チームの隊員が担架で階段を担いで階段を下り、病院間の移動は
当チームのリフト車を使用し、全員で8名の患者を搬送しました。

搬送先の病院も1階が浸水しており(写真15)、多くの職員で土砂やゴミの除去や物品の洗浄が
行われていました。こちらでは水を貯蓄するタンクと飲料水が不足しているということで、当チームから水500ℓ貯めることができるタンクと、ペットボトルの水2ℓを約100本の物資支援を行いました(写真16)。
写真15
写真16

 浸水の状況が治まり、急性期支援が落ち着いた当チームは、数日間の活動を終了しました。

毎年、豪雨災害が各地で発生しています。当チームでは、その状況に対応できるよう体制や装備を
整え、その装備を使えるようにさまざまな訓練を実施し、“備え”を日頃から行っています。
これは当チームだけではなく、栄和会職員みなさんの協力、また隊員の家族の支えにより成り立っています。
この“備え”により、直ちに現地に入ることができ、どこよりも早く医療支援を行うことができました。
泉川病院ではこれからも医療だけではなく、このような非常事態に少しでも皆様が安心できるような “備え”を行い、できる限り多くの地域の方々をお守りすることができるように、今後も努力していきたいと思っています。

お問い合わせ TEL 0957-72-2017 救急患者の方は24時間365日受け付けております

PAGETOP
Copyright © 泉川病院 All Rights Reserved.