我々には備えがある!


泉川病院の災害医療派遣チーム

当院の災害医療派遣チームは、1991年に雲仙普賢岳の噴火で被災し、多くの皆様からの支援を受けた経験を元に、感謝・恩返し・経験を生かす意味で2012年に結成されました。メンバーは医師1名と看護師8名、技師および事務員4名の13名と、後方支援の事務員3名の計16名で活動を行っております。
当チームは、毎年2回の訓練を行い、また支援活動で経験した中で培った実績を元に、独自の吟味された装備を備え、災害発生の一報と同時に緊急出動し活動を行っています。目標現場を災害最前線と設定しており、最先端まで進み、状況把握のため歩いて情報収集、被災者を探索。その情報を持ち寄り地図の作成を行い、チーム内で共有し被災者の方に対して支援を行っています。現場では、医療処置が必要な場合は直ちに医師へ報告し、対応・処置を行った後、後方支援の救急対応ができる病院へ搬送を行なっています。また、大きな組織では入ることができない災害最前線においては、避難所への避難を拒否され、small groupを形成し独自の避難生活を送っている方々も存在されており、そのような被災者の方々にも医療支援、物資支援などを行うように心掛けています。
このような活動は、当チーム独自の装備と年2回の訓練の実績により行えており、その成果が2016年の熊本地震、鳥取中部地震、2017年の九州北部豪雨災害、2018年の大阪府北部地震、西日本豪雨災害、2019年の佐賀県武雄市豪雨災害、2020年の熊本県豪雨災害、2021年の長崎県雲仙土砂災害と様々な災害現場で活動することができました。
一般的な災害医療活動と多少逸していますが、日頃より出来る事を行うというチーム目標の元、現在もこの瞬間も常に災害発生に泉川病院全体で備えています。

2016年 熊本地震災害詳細はこちらから
2017年 九州北部災害(東峰村)詳細はこちらから
2018年 西日本豪雨災害詳細はこちらから
2019年 佐賀県武雄市豪雨災害詳細はこちらから
2020年 熊本県豪雨災害詳細はこちらから
2021年 長崎県雲仙土砂災害詳細はこちらから