救急告示病院 日本医療機能評価認定 医療法人栄和会泉川病院

西日本豪雨での災害医療派遣活動

  • HOME »
  • 西日本豪雨での災害医療派遣活動

平成30年 西日本豪雨災害での活動報告

この度の豪雨災害によって被害を受けられました皆様に心よりお見舞い申し上げますとともに、被災された皆様の一日も早い復旧と復興をお祈りいたします。
2018年7月5日から西日本全域で発生した豪雨により、1982年以来最悪の自然災害と言われる河川の氾濫、土砂災害、洪水、浸水被害が多くの人の生活を脅かしました。これは島原半島にもおよび、一時は避難を迫られほどでした。
西日本豪雨
当院災害医療派遣チームは島原半島の雨が落ち着き始めたのを確認し、直ちに豪雨による被害の情報収集を行い、7月7日午後9時30分、最も被害が大きかった倉敷市真備町へ緊急出動しました。高速道路は至る所で豪雨により閉鎖。まだまだ降り続ける雨の中、土砂崩れなどに注意を払い迂回路を探し現地へと向かいました。

7月8日正午、真備町へ到着。道路や家屋は多量の雨と河川の氾濫により水没しており、被害状況を目の当たりにした隊員は恐怖を感じました。

西日本豪雨

西日本豪雨

西日本豪雨

直ちに被災者の捜索活動を開始。現地での情報を元に医療支援活動や、水没した町の先にある避難所へカヌーを使っての物資支援、溜まった水を流しだす作業など復興支援も行いました。

西日本豪雨

西日本豪雨

西日本豪雨

夕方からは倉敷市市役所の対策本部で、医療支援が必要な地域や避難所の状況の確認を行い、いくつもの避難所を巡回しました。そこでは隊員が避難者に問診を行い、泉川院長による診察や処方を行っています。

当チームは数日間の急性期の活動を終え帰路につきましたが、依然高速道路は至る所で閉鎖されており、迂回路を探しながらの移動となりましたが無事に帰院することができました。
私たち泉川病院の災害医療派遣チームでも日頃から“備え”を行っており、6月18日の「大阪北部地震」と、7月7日の「西日本豪雨災害」と災害が続きましたが、直ちに準備を行い出動し医療支援を行ってくることができました。

当チームでは、“備え”を日頃から行っていたことで、非常事態に対応することができました。日常生活でも同様です。非常事態に備えておくことで、自分の命を、そして家族の命を守ることができると考えています。必需品の準備はもちろんのこと、気持ちの準備も日頃から心掛けておくことが重要です。
泉川病院ではこれからも医療だけではなく、このような非常事態に少しでも皆様が安心できるような “備え”を行い、できる限り多くの地域の方々をお守りすることができるように、努力していきたいと思っています。

お問い合わせ TEL 0957-72-2017 救急患者の方は24時間365日受け付けております

PAGETOP
Copyright © 泉川病院 All Rights Reserved.