救急告示病院 日本医療機能評価認定 医療法人栄和会泉川病院

佐賀県武雄市豪雨での災害医療派遣活動

  • HOME »
  • 佐賀県武雄市豪雨での災害医療派遣活動

2019年 佐賀県武雄市豪雨災害での活動報告

この度の豪雨災害によって被害を受けられました皆様に心よりお見舞い申し上げますとともに、
被災された皆様の一日も早い復旧と復興をお祈りいたします。

2019年8月27日から29日にかけて対馬海峡に秋雨前線が停滞し、集中豪雨をもたらす線状降水帯が生じました。28日5時50分、気象庁は佐賀県と福岡県、長崎県に大雨特別警報を発表し、各地で河川の氾濫や、街中心部が冠水するなどの被害が発生しました。

武雄

武雄

武雄

当院が位置する島原半島でも、27日から大雨となりました。28日、業務を行いながら災害医療派遣チームの隊員は、ここ数年の豪雨災害を思い出していました。時間を追って被害状況があきらかになっていくなか、被災地の窮状を知った当院災害医療派遣チームは支援活動に向かうことを決定し、佐賀県武雄市で冠水により多くの方が孤立しているとの情報を受け、直ちに出動準備を開始しました。
28日18時30分、当院を出発。高速道路は土砂崩れにより一部閉鎖していたため、土砂崩れや冠水などに注意を払い、迂回路を探して現地へと向かいました。

武雄

武雄

21時、目的地とする武雄市へ到着。武雄市役所から北方町が孤立し、「永源寺」に多くの避難者がいると情報を得たのでそこを目指しました。辺りはいたるところで冠水しており、行く手を何度も阻まれました。周囲は真っ暗で見えず、現地の方に被害状況と迂回路を確認しながら進みました。しかし、永源寺へとつながる道路は全て冠水しており、車輌による移動を断念せざるを得ませんでした。
昨年、当院の災害チームは「西日本豪雨災害」で支援活動を行い、その経験から今年度新たに「救助用ゴムボート(6人乗り)」を導入していました。直ちにトラックからゴムボートを取り出し、4名の隊員が救急処置用のリュックを背負い乗り込み、暗闇の中ヘルメットのライトを頼りに永源寺へ向かいました。

武雄

武雄

武雄

武雄

武雄

武雄

時間は23時を回り、4名の隊員は無事に永源寺に到着。避難者は108名いらっしゃいましたが、ほとんどの方が就寝されていたため、住職さんに避難状況の確認を行い、また他の避難所などの情報収集を行いました。4名の隊員は永源寺の避難者の安全を確認した後、別の避難所「北方保健センター」に向かいました。ここの避難者は30名ほどおられ、健康チェックとバイタルチェックを行い、血圧の薬が不足している避難者には診察と処方を行いました。物資の不足があったため、一度車輌へボートで戻り、非常食と水、カセットコンロの補給を行い、また、歩行困難な御高齢者2名の方を含む6名の家族を、レスキュー隊と協力して北方保健センターに搬送、収容を行いました。
次に「北方中学校」へ行き、避難状況の確認や負傷されている方の診察・処方を行い、その後冠水している順天堂病院を含めた大町町周辺を探索。探索は明け方まで続きました。

武雄

夜が明けた29日、8時から2日目の活動を開始。チームを4つに分け、1チームは永源寺と北方中学校を再び巡回して医療支援を行い、残り3チームは北方保健センター周辺を巡回し、体調が悪い方の診察や復旧の手伝いを行いました。

武雄

武雄

この日は雨も上がり強い日差しで気温も上がっていました。そんな昼前、北方町からほど近い朝日町にある「楢崎内科」が、床上浸水し診療が行えない状況であるとの連絡を受け、早急な復旧が必要であると判断し、施設内の洗浄や清掃、駐車場のゴミや草などの撤去といった復旧の手伝いを行いました。

町から水が引き、急性期支援が落ち着いた当チームは、数日間の活動を終了しました。

ここ数年、豪雨による災害が続いています。当チームでは、“備え”を日頃から行っていたことで、非常事態に対応することができました。日常生活でも同様だと思います。非常事態に備えておくことで、自分の命を、そして家族の命を守ることができると考えています。必需品の準備はもちろんのこと、気持ちの準備も日頃から心掛けておくことが重要だと思います。
泉川病院ではこれからも医療だけではなく、このような非常事態に少しでも皆様が安心できるような “備え”を行い、できる限り多くの地域の方々をお守りすることができるように、今後も努力していきたいと思っています。

お問い合わせ TEL 0957-72-2017 救急患者の方は24時間365日受け付けております

PAGETOP
Copyright © 泉川病院 All Rights Reserved.