救急告示病院 日本医療機能評価認定 医療法人栄和会泉川病院

九州北部豪雨(東峰村)での災害医療派遣活動

  • HOME »
  • 九州北部豪雨(東峰村)での災害医療派遣活動

2017年九州北部豪雨(東峰村)での活動報告

災害医療派遣チームが夏の訓練を行っている中、「2017年7月九州北部豪雨」が発生しました。直ちに情報収集を行い、2017年7月6日午前4時に緊急出動。福岡県朝倉市寺内ダム上流に向かいました。

九州
現地では、多量の雨とそれによる土砂崩れ、河川の氾濫による道路、家屋の崩壊を目の当たりにして恐怖心すら芽生えました。

九州
隊員は捜索と救助の2班に分け、雨が落ち着いている事を確認しながら、車輌での通行は難しかったため徒歩で活動を開始。現地消防レスキュー隊と活動を行ってきました。

九州1時間ほど登ったところの対岸で孤立した避難者3名を発見。自衛隊へ状況を伝達し、自衛隊ヘリによる救助となりました。救助ヘリを待つ間、孤立被災者に対してロープを使用して支援物資(水、食料)の提供を行うなど、救援活動を行っています。

九州

7月8日からは東峰村へ入りました。役場での情報で、未だに医療班が入っていない避難所が3施設あることを確認。保健所の依頼により、当チームはこの地区を担当することにしました。ここでも道路が寸断、河川が氾濫しており、車両の通行は困難、安全確保を行いながらバイク、徒歩で避難所に向かい医療支援を継続、同地区の開業医の先生とともに数日間医療支援を行ってきました。

九州

メンバーは急性期の活動を終え、現地の方々やスタッフの方々からたくさんの感謝のお言葉をいただき、無事に帰院することができました。
私たちメンバーがこのような活動が行えるのも、病院で地域を守っていただいているスタッフ皆さま、また快く送り出してくれる家族のおかげと感謝しております。

お問い合わせ TEL 0957-72-2017 救急患者の方は24時間365日受け付けております

PAGETOP
Copyright © 泉川病院 All Rights Reserved.